ほっとする時間


ちょっと行き詰ったかな〜なんていうときに
甘いものを片手にコーヒーを飲んで一息つく。

こういう時間ってとっても大事だと思います。

ずっと集中してなにかをやりつづけるのは疲れてしまいます。

だから適度に休憩をとりながら物事を進めていく方が
私には向いているんだと思います。

さて。
今日のおやつはなに食べようかな。

いただきもののあれを食べようかなぁ。




2つの「美容外科学会」統合も


 「日本美容外科学会」は35年も前から「開業医系」と「形成外科系」の二つがあり、それぞれ専門医を認定している。そう、日本には「美容外科学会」が二つあるのだ。厚生労働省は、一定条件をクリアした学会専門医の広告を解禁したが、さらに将来的には学会専門医への認定を診療報酬に反映させることも検討している。

 筆者は1981年5月に「どっちが本家?2つの美容外科学会相次いで国際会議」という見出しの記事を朝日新聞に書いている。NPO法人アンチエイジングネットワークの塩谷信幸・理事長と筆者(田辺功)が共同座長を務めた。結局、全員が学会の統合を支持、その方向を目指す意見が会場からも出た。開業医系は美容整形を看板に掲げ、古くから「日本美容整形学会」と名乗り、厚生労働省に正式の診療科と認めさせる運動をしてきた。このシンポでは、長年の「対立」を乗り越えて統合への方向が明確に打ち出された。

 今回の形成外科系の学会を主宰した大慈弥裕之・福岡大学教授(形成外科)は、こうした危機感から、主に部外者の意見を聞く形のシンポジウムを企画した。

 機器や技術の発展で両学会の医療内容が似通ってきたことや、創設期幹部の引退などで近年は統合への期待、機運が出てきている。今回のシンポジウムはそのきっかけになりそうだ。形成外科系は会員を大学形成外科出身者に限っているが、そうした条件が緩和されれば、統合は現実味を帯びる。南さんは学会の壁がエステなどとの連携を不十分にしていると指摘。同名の学会が別個の活動をしている状況では、一連の医療行政の動きに取り残される可能性が大きい。




運営サイト

相続 埼玉

おすすめリンク

503 Service Temporarily Unavailable

Service Temporarily Unavailable

The server is temporarily unable to service your request due to maintenance downtime or capacity problems. Please try again later.